埼玉県草加市の整骨院ならボンズ桜鍼灸院・整骨院

〒340-00015
埼玉県草加市高砂2-11-2
東武スカイツリーライン 草加駅 東口徒歩1分

受付時間:09:00〜12:30 / 15:00〜21:00
※20:00〜21:00は完全予約制
※午前中は12時半最終受付、13時施術終了

tel:048-929-3941

交通事故にあってケガをしてしまった

交通事故にあってケガをしてしまった

交通事故治療

交通事故治療

その痛み、交通事故が原因かも

※最初は症状が出なくても、数カ月後に重い症状に悩まされるケースもあります。

交通事故は当院へ

交通事故による、ムチ打ち・打撲・それに伴う筋肉の痛みなどが対象となり、必要に応じては、鍼・きゅう治療もできます。
また、保険会社さんとの難しいやりとりは当院にご相談ください。

交通事故は当院へ

交通事故について

交通事故は強い衝撃により、骨格の歪みを引き起こし、神経症状(手足のしびれ・吐き気)を伴うものもあります。 最初は症状が出なくても、数カ月後に重い症状に悩まされるケースもあります。 そうならない為にも、早期の治療をオススメします。 事故が原因での症状でお悩みの方、経過が思わしくなくお困りの方、お気軽にご相談下さい。

治療内容

交通事故では、その時の座り方・接触された角度など様々なケースがあり、症状にも個人差があります。細かく分析をしていき症状に合わせて、一人一人にあった施術を致します。
加害者側の保険会社からの全額負担になるため、治療費は0円です。 示談後では各種保険を取り扱っております。お気軽にご相談下さい。

他の医療機関 整骨院からの転院や併行した通院もできます

※現在どちらかに通院中でも、転院が可能です。
 病院(整形外科等)に通院しながら、整骨院にも通院することができます。

アフターケアが大事です!

『季節の代わりめや雨の降る前になると、痛み出すよ。ちゃんと、治療しないとね!』と交通事故の経験者の注意話。『若い時はなかった痛みも、歳を重ねるとともにぶり返すから早く、しっかりとケアしておく事だよ!』とか。病院の検査では異常なくとも、痛い、少しでもしびれる、違和感があるなどの時は、まだ完治していないかもしれません。身体は単純ではありません、先々のことが大事です。

タグ

当院は多くの交通事故患者様が、ご来院いただいております。
ガマンしないで、私たちにご相談ください。

事故後遺症について

事故後遺症というのは、交通事故などで怪我した際に、急性期の症状が治ってからも、機能障害などが残ることです。
交通事故後遺症とは、次のような場合を言います。

  • 怪我は治ったが、障害が身体に残った
  • 治療後に残った症状
  • 治療したが症状が改善されない固定した症状

事故後遺症について

交通事故に遭ってしまったら?

ここでは、交通事故の被害者が、事故に遭って通院するまでの流れについてご紹介しましょう。

警察にまず連絡する

警察にまず連絡する

交通事故での怪我が酷い場合は、被害者自身が警察へ連絡するのが難しいことがあります。
このような場合は、警察への連絡を加害者に依頼しましょう。

1

加害者についての情報を聞く

加害者についての情報を聞く

加害者についての情報としては、名前、住所、連絡先、加害者の車の持ち主、登録番号、入っている保険内容などが挙げられます。

2

自分が入っている保険会社に連絡する

自分が入っている保険会社に連絡する

自分が入っている保険会社に連絡して、特約や補償などについて調べておきましょう。というのは、自分が入っている保険を、怪我を治療する際に使用する場合があるからです。

3

交通事故治療の流れ

ここでは、交通事故の被害者が、事故に遭って通院するまでの流れについてご紹介しましょう。

1

受付して予診表を書く

まず、電話あるいは直接来院して、交通事故治療を受けることを伝えます。
次に、交通事故用の予診表を書きます。
鍼灸整骨院で、保険会社へ手続きします。

受付して予診表を書く

2

問診

問診を予診表を参考にして行います。事故前後の状態・症状などを詳細に聞きます。例えば、以前に大きな怪我やむち打ちの経験があるか、肩こりの慢性のものがあるか、気掛かりなことがあるか、などを聞きます。この際に、半分以上の治療方針が決定します。場合によっては、提携している整形外科に頼むこともあります。

問診

3

検査

エコー検査や可動域検査を行って、筋力検査を時には行います。
可動域検査というのは、首をどのくらい動かすことができるかを調べるものです。状態や症状によっても違いますが、初診であれば検査をあえてしない場合もあります。丁寧に今後の治療方針を説明します。

検査

4

治療

患者と一緒に、現在の状態や症状に応じたプログラムを決定します。
治療としては、EPM療法がメインで、温・冷交替療法、マッサージ・キネシオテープなども時には行います。調子がいい日と良くない日があるため、治療はその日の症状に応じて行います。

治療